多くの人が憧れる高級マンション|地価の影響力が高い時代

男性

価格を調べよう

スーツの男の人

六本木等の都内にある高級マンションは選ばれた人のみが住むような印象があります。しかし、それは昔のイメージであって現在はそこまで敷居が高いものではありません。平成25年頃には、六本木を含め首都圏内で20階以上の高級マンションが46物件あり、7000戸以上の世帯が暮らしています。これは1年間の中で首都圏内で発売された新築マンションの3分の1になるのです。このことから、最近は高級マンションに住む人が増加しているということになります。では、六本木の等の都心の高級マンションは一体どのくらいの価格なのか調べていきましょう。ほとんどの高級マンションでは小さい部屋でも1LDK以上になるので1LDKから調べていきます。六本木を含め、首都圏内の20階以上ある高級マンションの1LDKは大体4500万円以上はします。しかし、一般的なマンションに比べると設備が充実していて、ウォークインクローゼット等の収納スペースが充実していることが多いでしょう。そして2LDKになると5500万円前後になり、バルコニーやベランダ、テラスなどの設備がある場合は7000万円以上になってくるでしょう。しかし、これは高級マンションの中でも比較的に安い方の値段になり、高い物件になると1LDKで2億円以上の物件や3LDKの5億円以上の物件も存在します。このように、高級マンションと一言でいってもとても幅が広いものになります。そのため、自分に合った物件をじっくり探してみましょう。